お客様の声|和歌山市、岩出市、海南市限定の女性専用の出張マッサージです。腰痛や肩こりをお持ちの方はぜひご利用ください!

お客様の声

腰痛対策

最近お客様からよく聞くご質問で【腰痛の対策はどうしたらいい?】
と言われます。日々の癖・痛み方人それぞれ一概には言えませんが、少しでも参考になれば嬉しいです。

●腰まわりのストレッチ

【朝起きた時】 寝起きは腰が痛くてすぐ起きれない方は布団の中で出来る腰まわりのストレッチがオススメです。
 
【ちょっとした空き時間】 長時間同じ姿勢でいる方は、仕事や家事の合間に背中~足にかけてのストレッチがオススメです。立って出来るストレッチや椅子に座ったままでも出来るやり方もあります。

【お風呂あがり】 慢性疲労・腰まわりのが固い方は筋肉がゆるんでるお風呂上りにするのがオススメです。

※あまり強くやりすぎると筋を痛めることもあるので【痛気持ちいい】程度の強さが〇


●湯船にしっかりと浸かる

気温が低いと筋肉が固くなりやすいので普段より痛みがでやすくなることがあります。
なので湯船に浸かって芯から温める事で筋肉の緊張がゆめることができる。


上記一つだけでもいいのでやってみてください☆

腰痛と腹筋トレーニング

【腰痛には腹筋を鍛えたらいいの?】

確かに腰痛持ちの方で腹筋が弱い人もいます。
でも上体起こしや脚上げなどの腹筋トレーニングは、腹筋だけではなく腰にもかなりの負荷がかかり
腰痛を悪化させるおそれがあります。

なのであまりお勧めはしません。

普段の立ってるときや座っているとき片足に体重がかかってたり猫背や反り腰・脚組などをしてませんか?
それらをやめて、正しい姿勢を意識するだけでも腹筋は使われます。

一度普段の姿勢に気をつけてみて下さい。

腰痛時のコルセット

今回のお客様からのご質問は【腰痛時のコルセットはどうなの?】

普通に生活するだけであれば、余程のことがない限りつけなくてもいいかと思います。
あまりコルセットに頼りすぎると、腰まわりの筋肉が弱り自身の力だけで体が支えられなくなるおそれがあるからです。

では、どうゆう時に付けたほうがいいの?

・腰痛、腰椎に異常があり重いものや中腰など腰に負担がかかることが多いとき
・急に腰を痛めてしまった時

などはつけてもいいと思います。

※あくまで個人の意見です。心配であれば医師の診断をおすすめします。


こむら返り

年末に施術したお客様からご質問で【寒くなるとこむら返りがおこる】
こむら返り【よく言う身体がつる】は何でおこるの?

原因ははっきりとはわかってないそうですが、いくつか知っていることをお伝えします。


①ミネラル不足

②筋肉疲労

③水分不足

④血液循環が悪い(冷え)

からだそうです。

こむら返りがおこった時、おこりそうなときはこれらを意識してみてくださいね。

デスクワークによる 肩こり・腰痛予防

デスクワークされてる方からのご質問で、仕事中に何か出来ることはないですか?

というご質問をいただきましたので少しお話します。


①座り方  椅子に深く座り膝が90度に曲がる高さ
       背もたれと背中・腰に隙間があると負担になるので、クッションなどを挟む。
       脚組・ひじをつくなど、アンバランスな癖をやめる。

②画面  画面はなるべく正面・目の高さの位置に置く

③キーボード  キーボードの位置が遠いと肩まわりがこってくる。
         自然と腕をおろして肘が90度に曲げてとどく位置にキーボードを置く

④頭の位置・姿勢  ①から③を注意すると正しい位置に戻ってくる

⑤身体を動かす 一時間に一回席を立つ・伸びをするなどして身体の緊張を緩めてあげる。


など出来ることから少しずつ取り入れてみて下さい。

脚組は何故ダメ?

今回のお客様からのご質問は【脚組はどうしてダメなの?】

ズバリ 骨盤の位置が高くなります!


また同じ方にばかり脚を組んでいると

組んでいる方の骨盤の位置が高くなり身体のバランスが崩れる。


さらに長年癖で組んでいる人は…

股関節が詰まるり 腰痛・肩こり に悪影響してきます。


骨盤の位置に影響してるか気になる方はセルフチェック

①仰向けに寝る

②片方の脚をかかえる
 この時にかかえた脚が真っ直ぐなら〇
 外側に流れているなら骨盤が正しい位置ではないです。

お時間のある時にでもやってみてください!!

腰痛の人がやらない方が良いこと

今回のご質問は 【腰痛の人がやらない方が良いこと】をお話ししていきます。

ついやってしまう、普段の何気ない行動が腰痛に関係しているかも…


① 腰を揉む

  腰に必要以上に刺激をあたえると腰痛が悪化する恐れがある。
また揉んでもすぐに腰痛が再発する場合は腰以外に原因があるのかもしれない。


② 腰を反らして伸びをする
 
  伸びをするのは凄くいいのですが、反らしてしまうと背骨や骨盤に負担掛かってしまい反り腰、腰痛によくないので伸びをする時は真っ直ぐ伸びをするとよい。


③ 浅く腰をかけて座る(背もたれにもたれる)
 
  座ってる時の大半は骨盤に負担が掛かり浅く座ると必要以上に背骨にまで負担がかかってしまい腰痛に影響を与える。


③ 肘をつく 脚を組む バッグを片側だけでもつ
  
  これらの姿勢は片側に身体が傾き、背骨・骨盤のバランスが崩れゆがむ そこから腰痛になることもある。


④ 中腰の作業

  一番腰に負担が掛かりやすい姿勢 膝を曲げる・体を丸めるなどして負荷を分散させよう。


⑤ 長時間同じ姿勢

  筋肉がかたまりコリによる腰痛の要因になる


他にも色々ありますがよくしているのはこれらの動作です。
自分にも当てはまらないか意識してみて下さい。

筋肉と揉む強さ

今週のお客様からのご質問は、【どれくらいの強さで揉まれるといいの?】
リラクゼーションは初めての方からのご質問でした。

まず初めにコリハリについて簡単に説明します。

長時間同じ姿勢でいたり、運動不足などによる筋肉の硬化。
よく言う肩ガチガチの状態です。

次に筋肉の緊張は筋肉を使ったり、疲れたときなどの状態です。
お出かけしていつも以上に歩いた時などに脚がパンパンというようなときが緊張している状態です。
※ハリとむくみはまた違います。

そしてこれらの状態で揉みほぐすと、筋肉が敏感になっていて少し触っただけでも痛い人もいます。
そういうときは気持ちいいくらいの強さで揉まれることをおすすめします。

揉みなれていない人は筋肉が刺激に耐え切れず揉み返すおそれがあるので、心配な方は短い時間から痛くない程度の強さでためしてみるといいと思います。 
また必要以上に強く揉まれることに慣れてしまうと筋肉トレーニングと一緒で筋肉が硬くなるのでおすすめしません。

強さは人それぞれその時の状態にもよるのでこの強さが正しいとは言えませんが参考にしてみてください。

肩こり・腰痛はずっと続く?

今回のお客様からのご質問的な慢性肩こり腰痛両方お持ちの方から【肩こり腰痛はずっと続く?】
と聞かれました。

これは原因にもよるかと思います。

慢性的なものの原因が普段の姿勢や生活習慣からであれば、それを普段の癖を改善するかしんどくなるまえに定期的にケアをすると痛くなることを防ぐことは出来ると思います。

【自分でするのは手間だからできないけど定期的に揉んでもらったらしんどくなることは無くなったし、頭痛も起らなくなった】と言ってくれるお客様もいます。

また過去のケガなどの影響で起こることもあるので、大したことがなくても放っておかずにその時にきちんとケアすることをおすすめします。 すでに何年も経って影響が出てきてしまっている場合は、天気が悪くなるとしんどくなる、何かをした後になりやすいなどを把握してそれにあわせて対策をとるといいと思います。

肩こり腰痛は、肩や腰以外の場所の疲れや緊張からくることもあるので、そこがしんどいのはわかりますがそこばかりをケアをするのはあまりおすすめしません。

座骨神経痛

今回のお客様は【座骨神経痛】でお悩みのお客様です。
初めは腰痛だけだったのが次第に脚が痺れるようになってきたそうです。

座骨神経痛はレントゲン検査で異常がある(狭窄症・ヘルニアなど)場合異常がない場合どちらもあります。
また座骨神経痛は一括りで言われることが多いみたいです。


座骨神経は、腰からお尻を通って足まであります。

レントゲンに異常が見られない場合神経の位置・痺れる場所にもよりますが、筋肉が緊張や硬化していると神経を圧迫して圧迫されているところから下が痺れることもあります。

その場合、筋肉を緩めてあげることで圧迫を和らげることが出来ます。

こちらのお客様は、腰から太ももにかけて筋肉が緊張していたので緩めると腰・脚が軽くなって歩くのが楽になったと言ってくれてました。

ページの先頭へ

ご予約 お問い合わせ